火星観望会 Mars '18 in Makuhari 夏休みに幕張で火星を見よう!

この夏、火星が地球に最接近となり、2003年以来の大きさ明るさで輝いています。最接近は7月31日ですが、7月から9月にかけて天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機です。火星がやぎ座の中でループを描いて動いていく様子は、いかにも惑星らしく面白い光景です。そんな中、8月1日・2日の両日、18時から21時30分まで、イオンモール幕張新都心の豊砂公園に天体望遠鏡を80台並べて火星観望会を開きます。

火星観望会

イオンモール幕張新都心 グランドモール前「豊砂公園」で開催します。

入場無料、誰でも参加できます。

幕張火星観望会ツイッター @MarsMakuhari

日時

会場

イオンモール幕張新都心 グランドモール前 豊砂公園

会場模式図

※1 「観望会」(18:00〜21:30)
会場:グランドモール前 豊砂公園
  • 「お急ぎ観望エリア」:火星をさっと見て、さっと帰る
  • 「ゆったり観望エリア」:金星、木星、土星、火星の4惑星をゆっくり楽しむ
注:
  • 参加者が多数の場合には、観望時間が短くなる場合があります。
  • 公園に一度に入れるのは約5000人ですので、待ち時間が長くなる場合もあります。
  • 悪天候の場合には、観望会を中止します。
※2 「天文宇宙イベント」(16:00〜21:30)
会場:グランドモール1F グランドコート
天文宇宙、科学技術の各種イベントが開催される他、リアルタイム惑星画像を見ることができます。
講演会開催:渡部潤一、阿部新助、武田康男、ほか
※3 「天文・宇宙書籍フェア」(モール営業時間内)
会場:蔦屋書店(グランドモール内)
天文・宇宙関連の本が並びます。望遠鏡も即売します。
※4 「入退場」
必ず歩道を渡ってください。
※5 「注意してください」
会場内では以下の点に注意してください。
  • 会場内は禁煙・禁酒です。
  • 熱中症予防に水分を補給しましょう。
  • ゴミはお持ち帰りをお願いします。
  • 安全確保のため、会場内を明るくすることがあります。
※6 「困った時は観望会本部へ」
困った時など、観望会本部に相談してください。
  • 観望会全体のことは、実行委員 ネームプレートの人を見つけてください。
  • 観望方法や天体の質問は、協力スタッフ ネームプレートの人を見つけてください。

屋内イベント

1日(水)、2日(木) 共通

1日(水)

2日(木)

会場へのアクセス

車で来場するときの広域地図

広域地図

車で来場するときの近隣地図

近隣地図

駐車場

駐車場

JR京葉線 海浜幕張駅から徒歩(およそ20分)

海浜幕張駅から徒歩の地図

JR京葉線 海浜幕張駅からのバス

海浜幕張駅からのバスの時刻表

イオンモール幕張新都心へのアクセス

火星大接近

地球と火星の距離の変化

地球と火星の距離の変化

火星の動き

火星の動き

関連リンク

共催、後援の企業、団体などによる火星特集ページ

実行委員会から

幕張火星観望会について

話題になる天文現象が起こっても、望遠鏡を使った天体観望会に「予約なしでは参加できない」という実情があります。また、予約できる人数も少数です。15年ぶりの火星大接近を迎えて、ネットワークの画像ではなく、「ホンモノの火星」を自分の眼で見る機会を作りたい。私たちは、この思いで結びつき、観望会を企画・開催しました。この観望会が、子どもたちに天文・宇宙に興味を持つきっかけとなり、幕張に新しい上昇気流が生まれることを願っています。みなさん、存分に夏の夜空をお楽しみください。

なお、協力団体の募集は締め切りました。多くの皆さんの協力を得ることができ、46団体・個人、スタッフ約200名、望遠鏡約80台で観望会を開催する予定です。

[PDF] 幕張火星観望会のご案内とご協力のお願い

主催

幕張火星観望会 実行委員会

共催

アストロアーツイオンモール幕張新都心高校生天体観測ネットワーク恒星社厚生閣渋谷教育学園幕張中高大日本図書日本大学理工学部ビクセン富士通

アストロアーツ イオンモール幕張新都心 高校生天体観測ネットワーク 恒星社厚生閣 渋谷教育学園幕張中高 大日本図書 日本大学理工学部 ビクセン 富士通

後援

日本天文学会日本天文教育普及研究会日本惑星科学会日本公開天文台協会日本天文協議会日本プラネタリウム協議会自然科学研究機構国立天文台

協賛

第一学習社、七夕協会、フィールド・スタディホテル ニューオータニ幕張

協力

石川勝也、伊東昌市、ウェザーニューズ宇宙広報団体TELSTAR宇宙魅せ隊NPO法人千葉自然学校、開成学園天文気象部、鹿児島県立楠隼中高一貫教育校天文部、春日部女子高校地球科学部OG、カノープスの会 中山雅喜、鳫宏道、協栄産業京都大学大学院理学研究科・地球惑星科学輻合部可視化グループ、河野龍一、埼玉県立春日部高校天象部、渋谷教育学園幕張・高校天文部、渋谷教育学園幕張中学電気部・高校物理部、誠文堂新光社、高橋茂、高橋製作所、多賀治恵、武田康男千葉市科学館、千葉大学 星を見る会、塚田健、津田沼高校理科部天文班、天文宇宙教育振興協会、東工大天文研OB、日本大学理工学部阿部研究室ニュートン、野澤信之、蓮尾隆一、船橋市プラネタリウム館天文ボランティアグループ、北総星見隊、松岡義一、水野孝雄、明星大学天文愛好会「すばる」、YSFH天文部同窓会 昴

実行委員会

ポスター