ハード系オナホおすすめ12選!締め付けが最強にキツいのはどれ!?

ハード系オナホオナホール
  • ハード系オナホの締め付けを一度体験してみたい!
  • ハード系オナホはどれを買っておけば間違いない?
  • きつめ&高刺激のハード系オナホ教えて欲しい

最近になってより強い刺激を求めるようになってきた方も中にはいるのでは?

ハード系オナホはその名の通り、キツイ締め付けや高刺激がウリのオナホです。

人気が出たシリーズでは、内部構造はそのままにハードバージョンとして再登場する事も。

そんなハード系オナホに少しずつ惹かれ始めているあなたに、おすすめ12選を項目別に紹介します。

これからハード系オナホを購入しようとしている方は必見です!

ハード系オナホの3つのメリットと魅力

数あるオナホの中でも、脱オナホ初心者の方におすすめしたいのがハード系オナホです。

ハード系オナホはその名の通り、ハードな強刺激を楽しめるのが魅力のオナホとなります。

今使っているオナホも好きだけど、もう少し刺激が欲しいな…

と感じ始めているなら、ハード系オナホの購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

まだオナホの刺激に慣れていない初心者の方にはまったり系のホールをお勧めしていますが、ある程度オナホの刺激に慣れてきた方なら、ハード系オナホがピッタリです。

ちなみに具体的なハード系オナホのメリットと魅力は下記になります。

  • 高刺激で一気に抜ける
  • 耐久性が高いので中々ヘタレない
  • これぞオナホ!というオナニー体験が出来る

下記でハード系オナホを使うメリットと魅力を解説していきます。

とにかく高刺激!締め付けが好きな人には堪らない

ハード系オナホの最大の魅力は、とにかく高刺激であることです。

ハード系オナホは、普通のオナホの刺激では物足りない方の為に設計されているので、刺激レベルが他のオナホとは段違い。

ワンランク上のオナニスト達に向けて開発されているので、素材や内部構造などにこだわりがあるものが多くなります。

シンプルながらカリ裏を的確に刺激するものから、処女膜や子宮ギミックに力を入れているものまで様々です。

またオナホ全体の硬度も硬めに設計されているため、挿入すると強い締め付けを感じることが多いでしょう。

ふわとろ系のオナホールを使っていると外部からの締め付けを感じることはほとんどありませんが、ハード系オナホで二重構造を採用している場合、ムチムチッ…と強い締め付けを体験できるのも魅力的。

この強い締め付けとピストン時の刺激で、あっという間に果ててしまう事も。

実際オナホオナニーに傾倒すると、いつの間にか手持ちのオナホの殆どががハード系オナホになった…という事も多く、沼にハマる人も多い魔性のオナホとも言えます(笑)

耐久性が高いので洗いやすい

ハード系オナホは耐久性が高いのもメリットです。

オナホの素材自体が硬いので、少々乱暴に扱っても壊れる事はありません。

そして耐久性が高いというのは、裏返せばソフト系オナホより洗いやすいという事も言えます。

ゴシゴシと力を入れて擦っても、本体が避ける心配をしなくても良いので、事後の面倒な手入れも少しは気が楽になるのは嬉しいですよね(笑)

裏返しで洗うのは難しいですが、出来ない事はありません。

ですが、裏返ししたものの元に戻せなくなったり、それが原因でホール全体がヘタる可能性もあります。

殆どのハード系オナホで裏返し自体NGと記載されている為、実質裏返しで洗うのはご法度です。

どうしても裏返し洗いしたい場合は、NLSやAmazon等のレビューで裏返し洗いをしている人が居るかどうかを事前に確認しておきましょう。

もちろんメーカー推奨ではありませんが、意外と大丈夫なケースも見かける事が出来ます。

ホール自体の伸縮性が弱いので、指が奥まで届かない…という場合は、精子のタンパク質や皮脂の分解に適したオナホ用洗剤などがあるのでそちらを使って漬け置き洗いなどが良いです。

オナホの洗い方については詳しくは別記事でまとめているので、興味ある方はそちらも参考にしてみてください。

ハード系オナホのデメリットと注意点

ベッドにいる女性

ハード系オナホは脱初心者やオナホの刺激に慣れてきた方向けのオナホ…と言うのは、上記で何となく分かって頂けたかと思います。
が、裏を返せばメリットがそのままデメリットと言えるでしょう。

ハード系オナホのデメリットと注意点はこんな感じです。

  • 刺激が強すぎて初心者におすすめ出来ない
  • 裏返せないので乾燥がしづらい

刺激が強いとどうして初心者におすすめ出来ないの?と思われる方も居るかもしれませんね。

下記で、それぞれデメリットを簡単に説明しているので、参考にしてみて下さい。

初心者にはおすすめしない

ハード系オナホは初心者にとっては刺激が強すぎると感じる事が多いので、最初の一本目、もしくはオナホデビューしたばかりの初心者には素直におすすめできません。

小さい頃に初めてオナニーした時、手オナニーでも十分足がガクガクになるほど気持ち良くなれたことを思い出してみて下さい。

最初はペニスを握ったり触ったりするだけで気持ち良くなりましたし、それで十分でしたよね?

ですが、最初から強くペニスを握ったり動かしたりすると、誰だって痛いと感じたかもしれません。

それと同じで、刺激が強すぎるオナホを最初の一本目に選んでも、初心者の方が気持ち良いと感じるのは難しいでしょう。

実際、ハード系オナホを使っている人の割合は全体で見ると少数派。

その少数派の方々は、時間をかけて強刺激に慣れてきた方が殆どです。

ですので、初心者はソフトなゆる系から始め、慣れてきたらハード系にステップアップしていくのが良いでしょう。

乾燥がしづらい

また、実質裏返し洗いが出来ないハード系オナホは、乾燥がしづらいというデメリットも。

ソフト系であれば裏返して水分をふき取れば良いので楽ですが、ハード系オナホはそれが出来ません。

近頃のハード系オナホは内部のギミックも凝っているものが増えてきたので、年々乾燥のし辛さは上がってきているのが現実です。。
そんなハード系オナホの乾燥対策として、中にオナドライというアイテムを入れておくのが良いです。

オナドライは珪藻土で出来たスティック状の棒ですが、こちらをホールの中に挿しこんでモミモミすれば、内部の残った水分をアッという間に吸い取ってくれます。

一本持っておけばソフト系のオナホや大型オナホにも使えますし、裏返さなくても良いので、オナホの寿命も延びるのは嬉しいですよね!

ハード系オナホを購入するなら、オナドライはマストアイテムなので、一つ持っておくと便利ですね。

ハード系オナホの失敗しない選び方

女性の足

続いてはハード系オナホの失敗しない選び方の解説です。

オナホの値段もさることながら、せっかく購入したオナホが自分に合っていないと、イクどころか痛くてオナニーどころじゃない…という事態になりかねません。

具体的には以下の点を踏まえて購入検討すると、失敗しにくくなります。

  • 貫通型よりも非貫通型を選ぶ
  • 内部構造は4種類の中から好みで選ぶ
  • 素材は硬めのものを選ぶ

下記では項目ごとに詳しく解説しているので、参考にしてみて下さいね!

貫通型よりも非貫通型を選ぶ

まずは貫通型よりも非貫通型を選ぶと良いです。

非貫通型は空気が抜けないので、ピストンしていると自然とバキュームが働き、締め付けがキツくなるというメリットがあります。

そのままでも十分刺激が強いハード系オナホですが、バキュームを組み合わせる事で凶悪な搾取系ホールへと変貌。

貫通型タイプでも穴をふさげば同じことが出来ますが、穴をふさぐ手間などを考えると、最初から非貫通型を購入しておくのが良いでしょう。

聴覚的にも、グチュッ…!ブボッ…!と言う具合に、動かすたびに卑猥な音が聞こえるので興奮すること間違いなし!

締め付け重視であれば、貫通型より非貫通型を選ぶのがオススメです。

内部構造は4種類の中から好みで選ぶ

どのオナホを選ぶ際も、内部構造という単語を目にした事はありませんか?

内部構造とは、オナホの入り口から終点までの膣内の形状の事です。

この内部構造を意識する様になると、オナホ選びが楽しくなるばかりか、自分好みのオナホに出会える確率が高まります。

現在、主流とされていて多くのオナホに採用されている4大構造がこちらです。

  • ストレート型
  • スパイラル型
  • 無次元加工型
  • 二重構造型

ストレート型は最も基本的な内部構造で、ホールの入り口から終点までが真っすぐのタイプとなります。

主にハード系オナホに採用されることが多く、イボヒダ系の刺激を最大限に楽しめるのが特徴です。

スパイラル型は、文字通りホールの入り口から終点までが螺旋状になっている内部構造です。

ランダムな刺激が魅力的で、主にフェラ系のホールで採用されることが多いタイプです。

手軽にゾリゾリとした刺激を楽しめるので、ハード系ホールにも多く採用されます。

無次元加工型は、主にリアル系ホールに多く採用されています。

入り口から終点まで空間といった空間が無く、挿入後は肉壁をかき分けて進むのが特徴的。

ランダムかつ素材を直に感じる事が出来るので、リアルなオナニーを楽しめます。

二重構造型は、オナホの外部と内部で別々の素材を使用している構造の事です。

例えば、内部素材はふわとろ系で外部素材がハード系なら、ミチミチとした強い締め付けを感じながらも、ネットリした絡みつきを体験できる…といった具合です。

どれを選んでも気持ちいいですが、最終的には好みで選ぶようになるかと思うので、好きな内部構造があれば購入前に事前にチェックしておきましょう。

素材は硬めのものを選ぶ

またオナホの素材は硬めのタイプを選んでおきましょう。

一般的にオナホの硬度と言われていますが、硬度が高ければ高い程、高刺激になります。

ただし固すぎるとペニスを挿入した時に痛いと感じたり、半勃起状態では挿入すら難しいモノも。。

固ければ硬い方が良いというわけでもありませんから、難しい部分ではありますが、どうせハード系ホールを使うのであれば思いっきり刺激を感じる目的で硬めのタイプを選んでおく事をお勧めします。

因みにホール全体が同一素材で作られている場合、素材の硬度が高くなると中も一緒に硬化しますが、二層構造を採用しているタイプのオナホなら挿入時に痛すぎると感じる事は少なめです。

その為、今回から初めてハード系ホールを使う方は、二層構造タイプのハード系ホールを検討してみるのが良いかもしれません。

ハンディ型のハード系オナホ おすすめ6選

お待たせしました!

下記でハンディ型のハード系オナホのオススメを6個紹介致します。

これ以外でも優秀なハード系ホールは存在しますが、マニアックすぎて初心者向きではない為、今回は割愛します(笑)

下記で紹介するハード系ホールは、基本的にどれを購入してもハズレはありません。

実際に使ってみた方や、商品レビューも交えて解説していくので、購入の参考にしてみて下さいね!

ヴァージンループ HARD

ヴァージンループハード
価格1,408円
メーカーRIDE JAPAN
重量264g
サイズ14.5cm
刺激度★★★★☆

まずはみんな大好きヴァージンループのHARDバージョンです!

オナホ業界の勢力図を一気に塗り替えてしまったヴァージンループシリーズ

ですが、実はオリジナル版のヴァージンループよりヴァージンループ HARDの方が売れています。

それだけヴァージンループ HARDのポテンシャルが高いという事なので、ハード系ホール初心者の方でも安心して使えるでしょう。

ゾリゾリと切れ味抜群の縦横ヒダが、容赦なく亀頭を責め立て、気を抜いているとあっという間に果ててしまう程の刺激を体感できるのが特徴です。

今までいろいろなオナホールを使ってましたが、なぜ早くこれを買わなかったのか自分を責めたくなりました。一度は買っておいて損は無いと思います。むしろ買わない方が損です!そう言っても過言では無いです。

引用:NLS

挿入した瞬間の気持ち良さが凄かったです。クローバーという事で、4方向に突起があるので、少しづつ回しながらピストンさせると全方位をカバーでき、また自分の好きな所を擦れるので、非常に使い勝手も良いです。

引用:NLS

ハードホールでありながら、適度な固さと柔軟性を持っているので、ハードホールにありがちな硬すぎて痛いというデメリットはあまり感じません。

実力・人気共に高く、万能ホールと言っても過言ではありません。

ハード系ホールを初めて使う方向けに推したい一本です。

ヴァージンループ ダブルモーション ロングハード

ヴァージンループ ダブルモーション ロング ハード
価格1,408円
メーカーRIDE JAPAN
重量343g
サイズ16cm
刺激度★★★★★

こちらはヴァージンループ ダブルモーションのハード版です。

オリジナルから変更された部分はハードでロングになった所と、その刺激特性です。

ねっとりと絡みついてくるオリジナル版と違って、ヴァージンループ ダブルモーション ロングハードはゴリゴリ刺激に変貌。

ホール内部に配置された極太ヒダが容赦なくペニスに絡んでくる凶悪仕様になっています(笑)

下記でヴァージンループ ダブルモーション ロングハードの口コミを紹介しています。

縦ヒダが容赦なくムスコを責めてくる感じがたまらないです。それに加え、本作は下に張り付いている棒状の突起物の存在感が大きく、裏筋を舐めるかのように這うのが気持ちいいです。

引用:NLS

ヴァージンループのハード系はこれが初で、最初に手に持った時その硬さに驚きました。本当に気持ちいいんだろうか……と半信半疑で使ってみたところ、その気持ちよさに驚愕。とてつもない気持ちよさで、下半身の感覚が一瞬飛びました。

引用:NLS

人気の高いオリジナル版が更に凶悪になって再登場したことで、高刺激オナニストの方々も大満足の出来に。

コスパも良好で、かつ高刺激の中にも繊細さを感じる為、こちらもRIDE JAPANのオナホの中では高い人気を誇ります。

すじまんくぱぁ りな ~CRYSTAL HARD~

すじまん くぱぁ りな CRYSTAL HARD
価格2,145 円
メーカーマジックアイズ
重量285g
サイズ13.8cm
刺激度★★★★★

幼女系ホールの雄、マジックアイズから発売されている、すじまんくぱぁ りなのハードタイプです。

内部構造はオリジナルと変わっていませんが、外部素材をハードタイプに変更したことでギチキツ感が生まれました。

本当に固いので最初は不安になりますが、いざペニスを挿入すると膣内をかき分ける感覚がたまらなく気持ちいいです…。

下記ですじまんくぱぁ りな ~CRYSTAL HARD~の口コミを紹介しています。

開封してみて、軸ずれがありました。多重成型においては、避けて通れない話なのかもしれません。

内部のホール素材ですが、萌天2と似た感触のものが使われておりやわらかいのですが、それを覆うクリア素材の厚みの違いで、刺激の強弱がついています。匂いは皆無です。

穴が小さいのと内部の構造上、ローションがしっかりと奥まで浸透しているかはわからないので、オナホウォーマーのように滑りやすい、滑らかな棒を押し込んで、様子を見るのがよいと思います。

引用:NLS

膣内のうねり具合が丸見えのため、逆に興奮しまくり。勃起力が弱い状態でローションを使用すると、大陰唇部で滑って上手く挿入できない程タイトで、きつめのオナホが好みの方には文句無く勧めできる。

引用:Amazon

二層構造を採用している為、中の素材が柔らかいのもポイント。

その為、高刺激だけどしっかりペニスに食い付いてくるふわとろ感も感じられるのが嬉しいところです。

処女とセックスしている様な気分になりたい方は、要チェックです!

ナースのギチギチ挿入感 ハード

ナースのギチギチ挿入感 ハード
価格1,848 円
メーカーRIDE JAPAN
重量355g
サイズ18.3cm
刺激度★★★★☆

RIDE JAPANのヴァージンループ程の知名度はありませんが、ナースのギチギチ挿入感 ハードも優れた快感性能を誇る、隠れた名機です。

特徴はヴァージンループの様な縦スジとV字溝に加え、ミミズのような極太の6本ヒダ。

特にミミズの様なヒダがペニスに絡みついて、とんでもない刺激を生み出してくれます。

中盤にはイボも配置されているので、ペニスの裏筋まで満遍なく刺激してくれます。

下記でナースのギチギチ挿入感 ハードの口コミを紹介しています。

高刺激を求めて買いました。RIDE JAPANらしい高刺激のホールでした。ヴァージンループをより固く、より狭くした感じです。刺激が強すぎて、シゴくとすぐ達しそうな快感がありました。

引用:NLS

挿入していくと、内側の肉ヒダが吸い付いて締め上げる感覚はリアルです。挿入して手を固定し腰を動かすと、締め付けしごきあげる感覚にこみあげる快感…本当に女性に挿入しているのではないかと錯覚する程です。

引用:NLS

文字通り、ギチギチの挿入感を楽しめる為、高刺激を求めている方にピッタリな一本。

ヴァージンループと同じ外部素材を使用しているので、二つ購入して挿入感の違いを確かめてみるのも面白いですよ!

ヴァージンループ ダリンセブンハード

ヴァージンループダリンセブンハード
価格1,760 円
メーカーRIDE JAPAN
重量360g
サイズ17cm
刺激度★★★★★

同じくRIDE JAPANから発売されているヴァージンループ ダリンセブンハードもおすすめです。

個人的にはヴァージンループ Hardの上位互換にあたると思っている名機で、今回紹介したハード系オナホの中でも一番刺激が強いかもしれません。

特徴は縦横無尽の舵輪(だりん)形状の膣と縦横ヒダの組み合わせ。

素材の硬さもさることながら、少し粘度の低いローションを使用すると、腰が抜けるほどの刺激を体験できます。

下記でヴァージンループ ダリンセブンハードの口コミを紹介しています。

初めて購入したヴァージンループhardを超えてくるとは。期待はしてましたがびっくりしました(笑)バキューム機能を使った瞬間
かなりの締まり、そしてストロークする毎に訪れる快感と刺激がとても気持ちよく、すぐに果てました!

引用:NLS

これになれると、そこらへんのホールじゃ全然ダメになってしまう。麻薬に近い。これに慣れると本物の女性相手でも物足りなくなる可能性まである。エグ過ぎて逆に★5は付けられない。それくらいヤバいやつ。

引用:NLS

口コミにもありますが、一言で表すならヤバい刺激という表現がピッタリでしょう(笑)

ヴァージンループ ダリンセブンハードに掛かれば、これ一本で潮吹きだって体験できるかも?

壊れる覚悟がある人に全力で推したい一本です!

TENGA FLIP 0

TENGA FLIP 0
価格8,778 円
メーカーTENGA
重量408g
サイズ18.5cm
刺激度★★★★☆

あまりに高刺激過ぎるのはちょっと…という方は、今回紹介した中では一番刺激がマイルドなTENGA FLIP 0もおすすめです。

一番刺激が少ないといってもゴリゴリ系の刺激を強く体感できる上、バキューム効果が想像以上に現れるため、見た目と反して高刺激なのがポイント。

またメンテナンスしやすいのも魅力の一つで、射精後に本体の両端のツメを外すと本体がパカッと開く様になっています。

下記でTENGA FLIP 0の口コミを紹介しています。

使用後のメンテナンスのし易さで言えば満点のオナホ。これまでこのサイトで購入した他の物と比べても一番処理が楽。パカッと開いて細かい所まで簡単に洗えるのが良い。

引用:NLS

さすがTENGAといったところでしょうか。外部のデザイン、内部構造、そして何より衛生管理のしやすさ、どれも素晴らしい完成度です。手こきなど下手なオナホを使っている人は、すぐにこれに変えましょう。

引用:NLS

今回紹介した中では一番ソフトな刺激ですが、メンテナンスしやすく賢者タイムの時にササッとお掃除できるのは嬉しいですよね。

コリコリとした刺激をさらに楽しみたい場合は、粘度の低いローションを使うと刺激が増すので使ってみると良いでしょう。

少し高めの値段ではありますが、 掃除の手間を省きたい&強すぎるオナホを使うのは怖い…といった方に推したい一本です。

大型のハード系オナホ おすすめ3選

続いては、大型のハード系オナホのオススメ3選の紹介です。

ハンディタイプのハード系オナホも良いけど、大型オナホにも興味がある…と言う方向けに、オススメ3選を選んでみました。

ハンディタイプと違って高額になりやすい大型オナホですが、なるべくリーズナブルなオナホを選出しています。

ちなみに大型のハード系オナホを使うメリットは下記の二つです。

  • 両手でお腹を抱えつつ腰振りオナニーができる事
  • ハンディタイプでは体験できない楽しみ方が出来る

下記では、予算1万円ほどでリーズナブルなオナホを探している方向けに、大型オナホのオススメを紹介します!

淫惑サジェスチョン 硬(ハード)

淫惑サジェスチョン 硬(ハード)
価格6,138 円
メーカーmaccos japan
重量1.7kg
サイズ14m×19cm×12cm(縦×横×高)
刺激度★★★★★

パッケージに描かれた女の子の、挑発的でいて淫靡な雰囲気が特徴的な大型オナホール。

大型オナホールとしては重量が1.7kgとかなり小型サイズで、取り回しやすいのが魅力の一つです。

しかしコンパクトとはいえ、大胆に股を開いた造形とハリのある素材を使用しているため、小さくても十分に腰振りオナニーに対応できているのは見事です。

下記で淫惑サジェスチョン 硬(ハード)の口コミを紹介しています。

ハードタイプがもともと好きなのですが、期待通りのかなりの高刺激。思ったよりも小さめでしたが、その分取り回しはしやすいです。ハンディタイプでは物足りないが、大型はちょっと…と感じている人にはちょうどいいかもしれません。

引用:NLS

いままでノーマルを使っていたのもあり、初めてハード使ったらすごく締め付け強くてビックリしました。半立ちは挿入難しいのでご注意を。大型ホールにしてはコスパが良く、腰振りもしっかりとできました。

引用:NLS

内部構造はストレート型ですが、太いイボイボと大きなヒダが、ペニスをこれでもかと責め立てるのが特徴。

結果、ゴリゴリでキツキツの高刺激オナホとなっているので、手軽な値段で大型オナホをこれから購入してみようと考えている方にオススメのオナホです。

ぷにあなDX はーどエディション

ぷにあなDX はーどエディション
価格11,572 円
メーカーアウトビジョン
重量2.15kg
サイズ22m×21cm(縦×横×高)
刺激度★★★★☆

ロリ好きご用達のオナホメーカーと言えばアウトビジョンが有名ですが、アウトビジョンの中でも爆発的な人気を誇るオナホ、ぷにあなDXのハード版となります。

幼女が好きなら間違いなく購入しておいた方が良い大型オナホの一つで、幼女の下半身をそのまま切り抜いたような造形をしているのが特徴的。

重量も2.15kgとそれなりに重いため、腰振りオナニー時の安定感は抜群です。

下記でぷにあなDX はーどエディションの口コミを紹介しています。

腰ふりをするようになってからもうたまらないほど気持ちがいい。前のほうは刺激的で、後ろの方は少し弱めになっている。あと大きさがあるので、臨場感を味わえるうえに、肉厚がある。

引用:NLS

取り敢えず、ロリ好きなら間違いなく買いです。造形が素晴らしいのでホールとしての他に観賞用や手慰み用でも良いかもしれません。幼○に挿入しているようで相当興奮はします。ロリ好きご用達と言っても良いくらいの商品ですね。

引用:NLS

本作はぷにあなDXのハード版となっている為、オリジナル版と比べても造形やギミックに変更はありません。

が、この値段でアナルとオマンコが両方いっぺんに楽しめる上、オリジナル版と比べてアナル側のゾリゾリ感が大幅にアップしているというメリットもあります。

オリジナル版のぷにあなDXを使ったことがある方も、アナルセックスを楽しみたい方にもおすすめの大型オナホです。

床オナ式名器ぴったりフィット HARD

床オナ式名器ぴったりフィット HARD
価格7,480 円
メーカーPEACH TOYS
重量1.56kg
サイズ23m×20cm(縦×横)
刺激度★★★★☆

本作は爆発的に売れた床オナ式名器ぴったりフィットのハード版になります。

商品名からもわかるように、床オナ式名器ぴったりフィット HARDは普通の使い方では満足できない床オナ派の方にも満足できるように設計されています。

本体重量は1.56kgと控えめなものの、床オナする前提で設計されているため、挿入してから押し付ける&こするなど、ハードな使い方をしても安定感は抜群。

内部は二重構造となっていて、硬質なヒダがペニスに絡み付いてくるのが特徴です。

下記で床オナ式名器ぴったりフィット HARDの口コミを紹介しています。

床オナ式ホールは初めて購入したのですが、結果からいえば大正解でした。下に向けて腰を振るので臨場感が半端なく、さらにお腹から加わる圧力であっという間に出てしまいます。これと同時にVRを使うと…もうそこは天国と言えるでしょう。

引用:NLS

4月に購入して週1ペースで使用しました。残念ながら劣化してしまい、お蔵入りしましたが再購入を検討しています。そのくらいお気に入りです。sexしている感覚でオナニーできる最高の商品です。

引用:NLS

床オナに特化しているというだけあり、ペニスを挿入して正常位体勢で擦り付けてから真価を発揮します。

全体重をかけてもずれないように設計している為、ハードな腰振りをハード系オナホで体型んしたい!という方にオススメの一本です。

電動型のハード系オナホ おすすめ3選

最後に、電動型のハード系オナホのおすすめ3選を紹介します。

電動型のハード系オナホのメリットは、何と言っても挿入するだけで後は勝手にイカせてくれる…という点でしょう。

手でしごく必要もなく、目の前の AV などのおかずに集中できるため、オナニー時に余計な部分に気を使わないで済む分、快適にオナニーが出来る様に。

またほとんどの電動型オナホは、刺激を調整できるようになっているのもメリットです。

刺激が強すぎると感じた場合は下げ、逆に物足りない場合は刺激を上昇させる事も出来るのは嬉しいポイントです。

中には少々値段が張るものもありますが、理由を知れば買いたくなる事間違いなし!なモノもあるので、この機会に是非チェックしてみて下さいね!

A10ピストンSA

A10ピストンSA
価格1,408円
メーカーRENDS
重量約2.3kg
サイズ36.2cm×17.0cm×14.2cm(縦×横×中)
刺激度★★★★★

世界初のオナホ家電と言われているのが、RENDSから発売されているA10ピストンSAです。

開発には5年以上の歳月が掛けられており、インナーホールの動きは最新技術を取り入れるという徹底ぶり。

またVR動画の連携機能を使えば、対応した動画の動きと連動してホールが動くため、快適なオナニー体験ができる様に。

不規則な動きやスムーズなピストンは、まさにオナニーを究極的に楽しむために作られたオナホ家電と言えます。

下記でA10ピストンSAの口コミを紹介しています。

今までのオナホは言ってみれば「抜く」オナホでしたが、この電動オナホ・A10ピストンSAは、VR動画と連動することで「抜かれる」オナホでした。VR動画と連動するこの商品はもうバーチャルセックス状態!

引用:NLS

文句なしの5つ星!ストロークも複数あり、速度も調節可能なためまったり楽しんだり、激しく絶頂を迎えたりw特にフェラ物のAVなどを見るときには最高です。強制的にしごかれるので、Mの方には最適かと。

引用:NLS

A10ピストンSAではレールポジション式を採用しているという事もあり、まるで本物の人間に抜かれているかの様な体験が出来るのが魅力的ですよね。

値段は少々高いですが、連動対応している動画の本数も1万本を越えたので、近い将来もっと値段が下がる事が予想されます。

ハードな抜き加減も調整できるので、ボーナス等まとまったお金が入った時に買っておきたい電動オナホの一つです。

NLSピストン

NLSピストン
価格12,980 円
メーカーNLS
重量1.56kg
サイズ36cm×16m×15.3cm(縦×横×高)
刺激度★★★★☆

NLSピストンは上記で紹介したA10ピストンSAの試作機を、NLSが製品化&量産化した電動オナホです。

A10ピストンSAと違うのはレールポジション式では無くクランク式の為、ガシガシとしたハードなヌキ体験を堪能できるのが特徴。

その日の気分で速度や刺激を最大まで上げて、即抜きや連続強制射精だって出来ちゃいます(笑)

下記でNLSピストンの口コミを紹介しています。

自動で動いてくれるので手が空きます。手が疲れないので、おかずや他の部位いじりに集中が出来ます。何よりピストンが興奮を誘います。他の機器によくある回転は機械的な動作になりますが、挿入、ピストンといった自然な動きが評価◎。

引用:NLS

電動ピストンなのに、そこそこ安いことに惹かれて買ってみた。なかなかいい。1万円でこの性能とパワー、造りの丈夫そうなところ、仕組みも使い方もわかりやすい。あとは、耐用年数?がどれくらいあるかですね。

引用:NLS

A10ピストンSAをベースにしているだけあり、耐久性や動作性能は折り紙付き。

加えてA10ピストンSAをベースにしているのにも関わらず、圧倒的な安さなのは嬉しいポイントですよね!

電動式を試してみたいけど、回転系はあまり得意ではない…といった方や、いつかA10ピストンSAを試してみたい方におすすめのオナホです。

もはやペニス増強ポンプ

もはやペニス増強ポンプ
価格3,828 円
メーカーNLS
重量764g
サイズ27cm
刺激度★★★★☆

低価格でフェラ用電動オナホと言えば、もはやペニス増強ポンプがおすすめです。

もはやペニス増強ポンプはバキューム機能に特化したフェラ用電動オナホという位置づけになります。

女性の口を思わせる卑猥な入り口にペニスを挿入すると、徐々に吸い上げられる感覚を楽しめるのが特徴。

ローターも内蔵している為、バキュームを利かせた状態でバイブでも刺激してくれるのは気持ちいい…の一言。

下記でもはやペニス増強ポンプの口コミを紹介しています。

思ったよりも吸引力が強くてびっくりしました。吸引に関しては一番弱いモードでも充分に強いです。フレッシュライトのホールもケースに入ったので試してみましたが、個人的にはフレッシュライトのホールの方が相性が良くて気持ちよかったです♪

引用:NLS

とても良い商品だと思います。吸引力は申し分なしです。圧が掛かった所で一時停止し、そのままジュボジュボして、圧が抜けて来た所でまた加圧&一時停止。そしてまたジュボジュボ…。これをやると本当にフェラされてるみたいです。

引用:NLS

吸引力も中々優れている為、商品名の通りペニスを鍛えるための増強ポンプとしても役立ちそうではあります。

また勝手にバキューム&勃起サポートしてくれるという事で、中年以降のED気味の男性にもおすすめできそうです。

値段も安いので、気軽に購入できるのも嬉しいですよね!

ハード系オナホを更に気持ちよくする方法3選

歩く女性

最後に、ハード系オナホをより気持ち良く使うための方法を紹介します。
ハード系オナホをより気持ち良くする方法は下記の三つです。

  • ローションはハードローションを使う
  • オナホを温める
  • オナホを固定する

下記で詳しく解説していきますね!

ローションはハードローションを使う

まず、ローションはハードローションを使うのがおすすめです。

ハードローションを使うと、バキューム感が増し、搾り取られている様な体験が簡単にできる様になります。

ハードローションとは、粘り気が強いタイプのローションの事。

一般的に刺激を高めたい場合はソフトローションを使用する事が多いですが、ハード系オナホに粘度の低いソフト系ローションを使用すると、人によっては痛く感じる事も。。

初めてハード系オナホを使うのであれば、まずはハードローションから試してみるのがオススメです。

またヴァージンループの様な人気シリーズには専用ローションが作られている事も多いので、購入するオナホの専用ローションが無いかどうかも確かめると良いでしょう。

オナホを温める

オナホを温めるというのも、ハード系オナホの使用感や感度をよくするためのオススメの方法です。

オナホを温める事でホール内部に熱がこもり、本物のオマンコで抜いている様な気分になれる筈。

また熱が内部にこもる事でホールが多少柔らかくなり、挿入しやすくなるというメリットもあります。

リアル系のオナホや処女系オナホと相性が良いので、挿入しずらい&リアルさを演出したい…と言う場合は、オナホを使用前に湯煎して温めておくのがポイントです。

オナホの温め方については別記事でも解説してるので、そちらを参考にしてみてください。

オナホを固定する

意外ですが、オナホを固定するというのも感度を上げるために重要だったりします。

ハンディタイプのオナホは手軽さが便利ですが、その分片手をいつもペニスに取られてしまいますよね。

長時間ピストン運動すると手が疲れてきたり、集中力が落ちてきてオナニーどころではなくなってしまう事も。。

ですが、実はハンディタイプのオナホを差し込むだけで、簡単に大型オナホ化できるアイテムがあります。

手持ちのオナホを簡単に大型化できるうえに、両手が使えるようになるため、腰振りオナニーができる様になるのは嬉しいですよね!
大型オナホ化した後は腰振りの動きもハードにすると、より強烈なオナニー体験が可能になります。

ハード系オナホを大型化したなら尚更ですね。

詳しく知りたいという方はオナホの固定方法を参考にしてみてください。

最強のハード系オナホを堪能しまくろう!

セックスをするカップル

最強のハード系オナホを12個紹介してみました。

オナホオナニーを続けていると、さらに強い刺激を求めてしまうのはある意味、仕方のない事です。

人間というのは、一度快楽を知ってしまったら、もっと強い快楽を求める業の深い生き物ですからね(笑)

話を戻すと、ハード系オナホはその硬さゆえに当たり外れが大きいオナホジャンルでもあります。

しかし、少なくとも今回紹介したハード系オナホの中から購入しておけば間違いありません。

今回の内容を参考に、ハード系オナホを存分に堪能してみましょう!

コメント