オナニーのカロリー消費量はどれぐらい?ダイエット効果と注意点を解説

オナニーのカロリー消費量オナニー
  • オナニーって、ダイエットになるんじゃない?
  • 1回のオナニーでどれぐらいカロリーを消費するの?

男性の皆さんは、一度はこう思ったことがあるんじゃないでしょうか?

オナニー中は心臓がバクバクいって汗もかくし、終わって賢者モードの時には激しい運動をした後みたいに全身が疲労しているのがわかるはずです。

オナニーをすると体が痩せる……なんて噂もありますね。

オナニーは本当にダイエットに繋がるの?
オナニーのカロリー消費量はどのくらい?

このような疑問にお答えします!

最後まで見ていってくださいね!

オナニーでダイエット?カロリーは消費する?

結論から言えば、オナニーをすることでダイエットの効果は存在します!

そもそも痩せるメカニズムとは、食事から得られる摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなり、体の余分な脂肪が燃焼することで起きます。

この摂取カロリー<消費カロリーの状態を日常的に繰り返すことによって、ダイエットができるのです。

オナニーをすることはカロリーを消費することに繋がるため、ダイエットの効果があるという訳ですね。

しかし、逆に言えば消費したカロリー以上に飲食をして摂取カロリーが増えれば、太ってしまいます。

つまり、オナニーでダイエットをしたい場合はどの程度オナニーでカロリーを消費するのか、消費カロリーの量を知る必要があります。

オナニー1回あたりのカロリー計算と消費量

オナニー1回あたりでどの程度カロリーを消費するのか、計算してみましょう。

計算方法は、運動の消費カロリーの計算式であるMETsを使用します。

メッツとは運動や身体活動の強度の単位です。
安静時(横になったり座って楽にしている状態)を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示します。

引用:eヘルスネット(厚生労働省)

消費カロリーの計算式は=METs値×時間×体重×1.05です。

オナニーの消費カロリーがどの程度かは出ておりませんので、ほどほどの性行為であるMETs値の1.8としておきます。

日本の成人男性の平均体重は70kg、成人女性は52kgです。

それぞれ30分オナニーをしたとして、計算は以下のようになります。

【男性】
 1.8METs×05h×70kg×1.05=66.15kcal

【女性】
 1.8METs×05h×52kg×1.05=49.14kcal

男性の場合は約66キロカロリー、女性の場合は約49キロカロリーとなりました。

女性の体重の方が軽いので、男性よりも消費カロリーが低いですね。

ただし、これはあくまでも目安です。

オナニーの方法によっても消費するカロリーは変わってくるので、激しい動きのあるオナニーをすればそれだけカロリー消費も大きくなることが予想されます。

オナニーでのカロリー消費で注意するべきことは3つ

手にキュウリ

オナニーでカロリーを消費できるというのは前の項目で説明しましたが……実践してみるのはちょっと待ってください!

実はオナニーでのカロリー消費で注意するべきことがあります。

それは以下の3つです。

  • 運動ほどカロリー消費は多くない
  • やり過ぎると遅漏や膣内射精障害につながる
  • 痛みや勃起不全の原因になる

それぞれ順を追って解説していきます。

運動ほどカロリー消費は多くない

確かにオナニーをすることでカロリー消費はしますが、残念ながら本格的な運動の代わりにはなりません。

同じ条件で成人男性がウォーキングをした場合は110キロカロリー、水泳をした場合は379キロカロリーもの消費カロリーとなります。

また、運動をすることで筋肉が付き、太らない体質となっていきます。

そのため、本格的にダイエットを考える場合にはオナニーだけで痩せられない、ということを覚えておきましょう。

やり過ぎると遅漏や膣内射精障害につながる

ダイエットを意識しすぎて1日のオナニーの回数を増やしたり、長時間オナニーをするというのはやめましょう。

ほどほどの射精は体にいいという話もありますが、オナニーをやり過ぎてしまうのは遅漏や膣内射精障害に繋がってしまいます。

何事もやりすぎは禁物ですね。

痛みや勃起不全の原因になる

また、激しいオナニー方法ならばダイエットに繋がるだろうといって、ガシガシと刺激の強いオナニーをやりすぎるのも痛みや勃起不全の原因になってしまいます。

大多数の男性が実践しているハンドオナニーは、ペニスの繊細な皮膚や血管を傷つけてしまいます。

特に手でしごくオナニーや床オナは刺激が強いので、注意しましょう。

健全にオナニーをするならオナホを使ってみよう

大型オナホ

遅漏、射精障害、痛みなどを防ぐのに一番良い対策は、オナホを使うことです!

オナホを使うと手でしごくよりも健全にペニスへ刺激を送ることができます。

その上でカロリー消費の目的のためにオナニーをするのであれば、下記のオナホがおすすめです。

  • リアル系オナホ
  • 大型オナホ

それぞれメリットを紹介します。

安全にオナニーをするならリアル系のオナホを選ぶ

本物の膣と近いリアル系オナホであれば、遅漏や射精障害も起きづらいため安全にオナニーをすることができます。

また、リアル系オナホで味わえる快感はまったり系が多く、長時間プレイをするのに向いたオナホです。

おすすめのリアル系オナホについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください!

カロリー消費を重視するなら大型オナホ

カロリー消費を重視するならば、大型オナホがおすすめです!

大型オナホであれば、腰振りオナニーをすることができます。

腰振りオナニーは擬似セックスとも呼べれており、オナニーの中でもカロリー消費量が多いです。

また、腰振りオナニーは有酸素運動ですので、通常のハンドオナニーよりも脂肪燃焼効果の高い運動になります。

おすすめの大型オナホの種類については、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください!

オナニーによるカロリー消費のまとめ

開いたバナナ

いかがでしたか?

今回は、オナニーはダイエット効果があること、カロリー消費量とその注意点を解説しました。

オナニーはカロリー消費には繋がりますが、運動の代わりとまでは行きません。

また、ダイエットを意識しすぎてオナニーをやりすぎてしまうのは体に毒です。

オナニーでカロリー消費を意識するのであれば、オナホを使ってのオナニーがおすすめです。

ダイエットが目的であれば、日々の運動をメインとしてこなしつつ、サブとして腰振りオナニーなどを取り入れるくらいがちょうどいいでしょう。

スリムな体を手に入れて、健全なオナニーライフを過ごしてくださいね!

コメント